Structure

Quality Structure Security

建物の堅牢性と高い信頼性で
大切な家族の暮らしを末永く支えます。

Quality Structure Security

建物の堅牢性と高い信頼性で
大切な家族の暮らしを
末永く支えます。

  • 溶接閉鎖型フープ筋・ダブル配筋

    建物を支える柱に巻く鉄筋(フープ筋)には、大地震などの衝撃に強い溶接閉鎖型フープ筋を採用。また壁の鉄筋も必要に応じてダブル配筋とし強度を確保。さらに戸境壁の厚みは200mmとしています。
  • 250mmのスラブ厚

    住戸間のスラブ厚は250mmを確保。強度はもちろん、遮音性においても高性能を実現しています。
    ※一部除きます
  • パイプと壁の遮音対策

    直接居室に面する壁には石膏ボードを二重張りした上に遮音シートを張り、遮音性の向上に努めています。
  • ボイドスラブ工法

    従来の工法と異なり、小梁がないことで広々とした空間を実現する『ボイドスラブ工法』。これは住空間スラブ厚250mmのボイドスラブで床を支える工法です。
  • コンクリート強度

    高い耐久性を目指した設計基準強度27N/mm2のコンクリートを本体構造躯体に採用しています。
    ※N/mm2〈ニュートン〉=コンクリートの強度の単位:1N/mm2とは約10kg/1cm2のことで、1cmに約10kgの力が加わっても壊れない強度のことです。数値が大きいほど耐久年数が長くなります。
  • 高断熱・高遮音な外壁

    高断熱の断熱材とGL工法を採用した外壁は、コンクリート厚さ約150mm以上を確保。優れた遮音性・断熱性が、四季を通じて快適な室内環境を保ちます。
  • 安心と信頼の証「住宅性能評価書」付

    住宅の強度や耐久性を高め、高品質の住宅建築を促進しようという「住宅品質確保促進法(品確法)」で設けられた制度です。『ダイアパレス八事コテージ』では、国の指定した第三者の評価機関が、客観的に評価した「設計住宅性能評価書」の交付を受けています。さらに建設時の検査を経た「建設住宅性能評価書」の交付を受ける予定です。
  • 耐久性(劣化の軽減)に対する取り組み
  • 防災備蓄庫をマンション内に設置
  • 劣化対策等級最高レベル「3」を実現した
    コンクリート

    水・セメント比を50%以下とし、コンクリートの耐久性を向上させています。(外構等、一部除く)
  • 直接基礎と支持地盤

    地盤調査結果により、支持地盤を地表面からアッパーサイト(北棟)約3.5mの「シルト混じり砂層」、フロントサイト(南棟)約5.5mの「シルト層」としました。当物件は、この地盤上に、直接、鉄筋コンクリート造の基礎を構築する直接基礎を採用しています。
  • 防災備蓄庫をマンション内に設置
  • いつ起こるかわからない自然災害などの非常事態に備え、共用部に防災備品を装備した備蓄倉庫をご用意しました。

阪神淡路大震災でも
安全性を実証

※新耐震以降のダイアパレスとなります。
住宅の強度や耐久性を高め、高品質の住宅建築を促進しようという「住宅品質確保促進法(品確法)」で設けられた制度です。『ダイアパレス八事コテージ』では、国の指定した第三者の評価機関が、客観的に評価した「設計住宅性能評価書」の交付を受けています。さらに建設時の検査を経た「建設住宅性能評価書」の交付を受ける予定です。 写真奥は、ダイアパレス西神戸。周辺のビルなどは倒壊していても、大きな損傷は見られません。
写真の右側の建物が、ダイアパレス水木通弐番館。左側の建物は、1階部分が押し潰されて倒壊した隣地マンション。
Quality Structure Security
Quality Structure Security
apri
来場予約
資料請求
TEL0120052001