Security

見守る先進の防犯設備

【共用部】
マンション共用部写真

24時間セキュリティシステム

綜合警備保障(株)と提携し、各住戸の火災・非常時やマグネット防犯センサーによる不審者の侵入などを監視。異常発生時には、通報や専門スタッフによる緊急対応を行います。

ALSOKロゴ
遠隔集中監視システム図

セキュリティシステムイメージ

来訪者をカラー映像とインターホンによる会話で4重チェックできる安全なオートロックシステム。

セキュリティシステムイメージ図
  • モニター付きインターホンの図

    住戸内にカラーモニター付
    住宅情報盤(インターホン親機)

    エントランスのオートロック解錠機能付のインターホン親機を住戸内に設置。モニター付ですので、来訪者を画面で確実に確認できます。ハンズフリータイプなので、家事などの作業を行いながらでも応答が可能です。

  • 解錠概念図

    エントランス以外の出入口にも鍵を設置

    オートロックシステムの機能をさらに徹底させるために、エントランス以外にも外部階段やサブエントランスなどの出入口には鍵を設置。防犯面の充実をはかっています。※ノンタッチキーも含みます。

  • チェーンゲートイメージ画像

    チェーンゲート

    駐車場の入口にはリモコン式チェーンゲートを採用。盗難やいたずらから愛車をしっかりガード。リモコン式なので、入出庫もスムーズです。

  • エレベーター連動型ノンタッチキー画像

    エレベーター連動型ノンタッチキー

    エントランスや宅配ボックスには、キーリーダーにかざすだけで簡単に解錠できるノンタッチキーを採用。エレベーターの動きとも連動しています。

  • 防犯カメラ画像

    防犯カメラ

    エレベーターや駐車場など共用部のポイントとなる場所(9箇所)に防犯カメラを設置。録画された映像は一定期間保存されます。

  • 4重の安心セキュリティ

    外部セキュリティ建物共用部セキュリティセキュリティエレベーター住戸セキュリティ
【専有部】
  • 鎌デッド錠イメージ図

    鎌デッド錠

    鍵を閉めるとドアから鎌状のデッドボルトの先端が飛び出してドア枠に食い込む構造。バールなどの工具を使った不正解錠を困難にしています。

  • ダブルロック扉写真

    ダブルロック

    玄関ドアには、上下2カ所で施錠するダブルロックを採用しています。

  • 防犯サムターンイメージ画像

    防犯サムターン

    ボタンを指でつまみながら押し込んで回すスイッチ式サムターンを採用。工具等をドアの隙間に差し込んでも、容易には回転させることができません。

    cp認定画像

    CPマークとは、防犯性能の高い建物部品であると認定された商品・部品につけられるマークのことです。CPとは、「CrimePrevention」の頭文字で、防犯を意味します。CPマークは、警察庁・国土交通省・経済産業省と民間関係団体で構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。住宅性能表示の「防犯」項目では、CPマークの付いた商品が義務付けられています。

  • ディンプルキーシリンダー写真

    ディンプルキーシリンダー

    玄関キーには、数億通りのキーパターンを持ち、複製が困難なディンプルキーシリンダーを採用。ピッキング対策としても優れています。

  • 可動式ルーバー面格子写真

    可動式ルーバー面格子

    共用廊下に面した洋室の窓には、可動式ルーバー面格子の他、採用。光や風を採り入れながら、外部からの視線を遮りプライバシーを守ります。

  • 防犯マグネットセンサー写真

    防犯マグネットセンサー(一部除く)

    住戸内の共用部に面している部分、南面、妻側の窓(一部除く)、玄関扉に設置。外部からの不法侵入を感知すると警報が作動し、センターへ自動通報します。


災害時でも大丈夫。災害に強いLPガス

ダイアパレスはなみずき通はLPガスを採用

LPガス供給イメージ図

東日本大震災でもいち早く炎を届けられた、復旧の早いLPガス。都市ガスエリアでも災害拠点となる施設のLPガス導入が進んでいます。

地震大国の日本では、やはり災害時のライフラインが心配。東日本大震災以降、供給体制が整備されていて、復旧の早いプロパンガスが、改めて注目を集めています。 また、地域のガス販売店を中心として保安体制がしっかりとしていることも安心のポイント。ガス供給設備からご家庭の ガス器具点検・調査、万が一のガス漏れや火災時にも迅速に、対応することができるのも大きな特長のひとつ。プロパンガスは、国家と民間の備蓄もあり、エネルギーの安定供給を支えるなど、地域全体の安全を守っています。

ガス復旧グラフ

LPガスは、
災害時の復旧がどうして早いの?

持ち運びが容易だから復旧が早いんです。LPガスは、液化された状態で容器に入っていて運搬が簡単であることから、災害時の復旧が早いと言われています。個別供給だからこそ、ピンポイントで迅速に調査・点検・補修を行うことができ、相対的に早く復旧させることができます。

被災3県における各インフラの
供給不能戸数の推移(推計を含む)

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県では、津波で建物が損壊又は流されてしまったもの等を除いて、 地震発生後約3週間程度で大方の復旧が完了し、都市ガス及び電力よりも早い時期に全面復旧を果たしています。

Structure

構造の安定に対する取り組み

  • 柱の主筋を拘束する帯筋
    溶接閉鎖型せん断補強筋

    建物の柱(柱梁の接合部分は除く)の部分に巻く鉄筋(フープ筋)は、地震で生じる押しつぶそうとする大きな力に対して、重量挙げの選手のベルトのような役目を果たします。本物件は耐久性・耐震性を発揮する継目のない溶接閉鎖型のフープ筋を使用し、柱の粘り強さを高めています。100㎜幅以下に巻きつけ、地震の揺れや建物のねじれに粘り強い構造を作ります。

    柱の主筋を拘束する帯筋溶接閉鎖型せん断補強筋
  • 開口部周囲のひび割れを防ぐ
    開口部補強筋

    窓や出入口などの開口部には、補強として斜め補強筋をコーナー部に施しています。

    窓や出入口などの開口部には、補強として斜め補強筋をコーナー部に施しています。

    ダブル配筋の画像

    ダブル配筋

    耐力壁は、鉄筋を格子状に2重に組むダブル配筋としています。シングル配筋に比べて高い強度と耐久性を実現しています。床のスラブ(土間スラブを除く)もダブル配筋とし、床や壁のコンクリートの中に2重に鉄筋を配することで、強度を確保しています。

    独立杭基礎の画像
  • 独立杭基礎を採用

    建物の基礎構造は、独立杭基礎に既製杭を採用することで、揺れに強く安定した地下構造が実現されています。

    独立杭基礎説明図
  • スーパーボイドスラブ工法

    従来の工法と異なり、小梁がないことで広々とした空間を実現する『スーパーボイドスラブ工法』。これは住空間スラブ厚250mmのボイドスラブで床を支える工法です。また、建物の重量を軽減することにより地震時の建物へのダメージを軽減することができます。

    スーパーボイドスラブ工法イラスト
  • 耐震スリット

    必要に応じバルコニーや共用廊下側の壁(非耐力壁)と柱の間等にすき間を設け、緩衝材(耐震スリット)を入れることにより、地震時に、柱や梁に余分な力をかけることなく、主要構造体が大きな被害を受けるのを防いでいます。

    耐震スリットイラスト
  • 地震の揺れをいち早くキャッチするP波・S波センサー設置エレベーター

    地震等で停電となり真っ暗な中で避難したり、ブレーカーを上げに行くのは非常に危険をともないます。バッテリーを内蔵した壁埋め込み型の保安灯は停電時に自動点灯し、取り外して夜間脱出時の懐中電灯としても使えます。

    揺れを伝達する時間のグラフ

Safety

火災時の安全性に対する取り組み

避難安全対策 〈他住戸等火災時・共用廊下〉

評価対象住戸の同一階又は直下の階にある他住戸等における火
災発生時の避難を容易とするために共用廊下に講じられた対策。

●避難安全対策

共用廊下の排煙形式

①:開放型廊下
直通階段(避難階に通じる階段)に避難動線が重複しないで避難できるようになっています。

避難に有効な共用廊下の平面形状

①:その他
避難経路の隔壁の開口部の耐火等級が適用されます。

耐火等級(避難経路の隔壁の開口部)

②:火炎を遮る時間が20分相当以上
避難経路の隔壁の開口部に係る火災による火炎を遮る時間の長さです。

●耐火等級(界壁及び界床)

④:火熱を遮る時間が60分相当以上
住戸間の界壁及び界床に係る火災による火炎を遮る時間の長さです。

避難用の間取り図

●脱出対策(火災時)

通常の歩行経路が使用できない場合の
緊急的な脱出のための対策

バルコニーの隣戸との境が薄い壁(隔て板)になっていて、火災時はそれを破って隣へ避難できるか、またはバルコニーに下の階に降りられる避難器具がついています。

■隔て板

バルコニーの隣戸との間を薄い壁にし、緊急時には隣戸に避難できるようにしたもの。

隔て板参考写真 隔て板参考写真

■避難はしご

火災発生時に下の階に避難するために用意された、はしごが入った避難器具。

避難はしご参考写真
※避難安全対策、脱出対策の表示及び評価対象の有無は住戸配置により、住戸毎に異なります。詳しくは設計住宅性能評価書の記載をご確認ください。
  • 火災時に備えた熱感知器

    キッチンや各居室の、温度または温度上昇率が一定以上になると、熱感知器がキャッチ。警報が鳴り、同時に管理室・警備会社及び管理会社へ自動通報されます。

    熱感知器
  • 30mA以上の漏電はストップして火災予防

    漏電火災を予防するために各住戸分電盤には漏電遮断器を設置しています。1住戸内の回路に30mAを超える漏電が発生した場合、ブレーカーが作動して漏電火災を防ぐ対応をしています。

    漏電遮断器
  • ガスコンロの安全対策

    住戸内のガスコンロのバーナーに搭載しています。
    ・過熱防止装置
    なべ底の温度を感知し、危険温度になる前に自動で温度を制御します。
    ・自動立ち消え安全装置
    煮こぼれや風などで万一灯が消えても自動でガスを止めます。
    ・消し忘れ消火機能(約2時間連続使用時)

    ガスコンロ写真
  • 耐震仕様の住戸玄関ドア

    大きな地震により、玄関のドア枠が変形してドアが開かなくなることがあります。室内に閉じこめられることが無いように、ドアとドア枠の間にクリアランス(隙間)を確保し、多少の変形の場合もドアが開閉しやすくなるよう考慮しています(メーカー基準による)。また、ドアガードや鍵受もドア枠が変形しても引っかかりにくい構造になっています。

    耐震仕様の住戸玄関ドア
  • 停電時でも明かりが灯る保安灯

    地震等で停電となり真っ暗な中で避難したり、ブレーカーを上げに行くのは非常に危険をともないます。バッテリーを内蔵した壁埋め込み型の保安灯は停電時に自動点灯し、取り外して夜間脱出時の懐中電灯としても使えます。

    保安灯写真
  • 上下階を貫通する住戸内の配管は耐火措置を施して火の上昇をストップ

    火災は物理的に上昇方向へ力が向かうため、上下階の床を貫通する配管はひとつひとつきちんと床と配管を隙間なくふさぎ火の上昇を防いでいます。

AfterService

マンションの資産価値を高める充実のアフターサービス

長期保証等に対する取り組み

ダイアパレスのアフターサービス体制

アフターサービスとは、ご購入いただいた物件の不具合箇所の補修を、一定の条件のもとに無償で行うものです。また、その期間は、建物の部位や不具合の状況により異なり、売買契約時にお渡ししている「アフターサービス業務規準」に基づいて行います。ダイアパレスシリーズは、お客様満足度向上の観点から、独自の「アフターサービス業務規準」を採用しています。アフターサービスをご理解いただく上で、一度「アフターサービス業務規準」をご覧いただくようお願いいたします。

アフターサービスの流れイメージ アフターサービスの流れイメージ

あんしん住宅瑕疵保険への加入

㈱住宅あんしん保証と住宅瑕疵担保責任保険の契約を予定しています。これは住宅の中で特に重要な、構造耐久性に主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分の瑕疵に対し適用される保険です。万が一売主側で補修が行えない場合には保険法人から購入者の方へ直接修繕費用が還付されます。

●保険責任は、原則として住宅の引渡し日に始まります。
●保険期間は、原則として10年間となります。
●一住戸あたり2,000万円までとなります。

あんしん住宅保険の流れイメージ
※掲載の各写真・イラストは概念図で、実際とは一部異なる場合がございます。※写真は参考写真及びイメージです。※敷地配置図/設計図面を基に描いたもので、施工上の都合により設計・仕様に変更が生じる場合があります。※掲載の各写真・イラストは概念図で、実際とは一部異なる場合がございます。
ページトップ