Design

格・質・景を体現する、八事エレガンスの新たな象徴へ。

現地周辺の街並
高台の形状に沿って、
エントランスから住戸棟まで3つのステップを描くランドプラン。
同じDNAを持ちながらデザインで趣を異にする二棟の建物“FRONT SITE”と“UPPER SITE”。
街路からの景観を格調高く印象づけるエントランス棟“赤レンガスクエア”。
その基調となるのは、伝統的な日本の邸宅街の
格・質・景を体現した、新たな八事エレガンス。
デザインと機能を両立する立体マリオン デザインと機能を両立する立体マリオン
瀟洒な表情と西日を遮る機能性を携えた、立体的なマリオンを採用。吹き寄せのようなモダンデザインは、住まう人の個性と品格の象徴。
格調へのアプローチ 赤レンガスクエア 格調へのアプローチ 赤レンガスクエア
住戸入口と車寄せ、駐車場へのアプローチを一体化した赤レンガスクエアは、赤レンガで格調高く。歩車融合型のボンエルフを採用し、デザインと安全性も両立。
赤レンガラウンジ 赤レンガラウンジ

本物を知る大人たちへ。

外観の素材、赤レンガラウンジの調度品など、
ここにあるのはこだわって選び抜いた“本物”だけ。
そのひとつひとつが体現するのは、
住まう人の格とインテリジェンス。

デザイン監修 小池秀夫 建築都市研究所 建築家 小池 秀夫 デザイン監修 小池秀夫 建築都市研究所 建築家 小池 秀夫

1978年より黒川紀章氏の事務所を経て1990年に建築都市研究所を設立。
設計コンセプトは日本の伝統的な軒先・縁側・土間等の環境制御要素を織込む共生化デザインであり多分野でその創造活動を展開している。
1991年安田火災中部本部ビル担当作品等/中部建築賞他 多数

赤煉瓦を多用した空間で美景観を創出

赤レンガスクエア・ラウンジには、建築用レンガのトップブランド国代耐火工業所製のレンガを採用。

赤煉瓦を多用した空間で美景観を創出

赤レンガスクエア・ラウンジには、
建築用レンガのトップブランド
国代耐火工業所製のレンガを採用。

1. 赤レンガスクエア・ラウンジ 壁面 2. 駐車場 外壁タイル 3. アッ パーサイト 外壁タイル 4. フロントサイト 外壁タイル
エントランス・車寄せ・駐車場ゲートを一体化させた「赤レンガスクエア」
来場予約
資料請求
TEL0120052001